アウターライズ地震 サンデーLIVE!!

2019年2月10日の「サンデーLIVE!!(ライブ)」の放送で地震についての内容が語られていたので紹介したいと思います。 〇地震保険料について2019年1月に改定地震保険料は国の地震本部か作成する地震度を予測地図をもとに算出されます。今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率などをまとめたものが最新の情報に改めらました。 新たに見つかった活断層が9個見つかりました。それにより地震のリスクが高まった関東のデータを踏まえて、金融庁が管轄する機構の「損害保険料率算出機構」が保険料を算出しました。南関東周辺では規模の大きい地震が比較的短い間隔で発生することが想定れているため、千葉・東京・神奈川・静岡では保険料が高くなりということです。 東日本大震災を契機に地震のデータが大幅に見直されこれまでの地震よりよりも規模の大きい地震が想定されることになりました。関東近郊の保険料アップの理由は地震が比較的短い間隔で何度も起こる可能性が高いということです。 大きな被害が予想される「南海トラフ地震」では静岡県から九州地方の広範囲で30年以内に70%~80%の確率で起きるとされています。ここ数年で南海トラフの影響で西日本全体の地震が発生しています。フィリピン海プレートがユーラシアプレートに潜り込むことで歪が起こり、2016年の熊本地震や2018年の大阪北部地震がその影響だとされています。 この南海トラフ地震で被害が予想される「愛知・三重・和歌山」で今回の保険料改定の値下りしました。その理由とは南海地震が危険…

続きを読む

この差って何ですか? 防災常識の差を特集

2019年2月5日に放送された「この差って何ですか?」の番組で防災常識のいまと昔の差を特集する内容があってとても参考になると思いましたので少し紹介したいと思います。 〇地震が起きたらすぐ外に飛び出るは間違いそのきっかけは1978年の宮城県沖地震でした。倒壊によりすぐ外に出たほうがいいと言われてましたが1981年以降の耐震基準の変更で建物が頑丈になったので外に出ることにより落下物により怪我をする危険性が高まったようです。 家にいる時はどこにいたほうがいいかというとトイレより柱が多い玄関のほうがいいようです。外にいるときにはガソリンスタンドがもっとも安全で消防法や建築基準法が厳しく設定されているようです。またガソリンはコンクリートで深い位置に埋められているので爆発することは考えられないのと防火壁により火が外から入ってこない造りになっています。また店舗によって太陽光発電や貯水施設が完備されていたり災害対応型給油所にもなっている所があります。 〇地震が起きたらすぐ火の始末は間違い火の始末は揺れが収まってからがいいようです。地震が来たらすぐ火を消すそのきっかけになったのは火災が多かった1923年の関東大震災でした。1997年からガスは震度5以上で自動的にガスを遮断し火を消せるようになっています。 〇地震に備えてお風呂に水を溜めるのは間違いお風呂の水を溜めて使うのは危険なようです。お風呂にはいった後の水は一日でさまざまな菌が繁殖しそれが原因で感染症を引き起こす危険があるようです。湯船には肺炎の原因にな…

続きを読む

2019年2月の地震予想

今月は熊本などで2度大きな地震がありましたが、それから揺れは起きていません。これから安心と思えるような日々が続けはいいと思うところです。2019年2月の日本での地震予想で揺れやすい地域は北海道、青森、宮城、新潟、神奈川、愛知、石川、鳥取、島根、岡山、広島、愛媛です。2019年で日本で今年揺れやすい地域は青森、茨城、栃木、山梨、長野、岐阜、滋賀、大分です。今年は4月が特に要注意です。 2月の地震予想4、13、22日の足して「4」になる日が要注意2、11、20日の足して「2」になる日がやや注意5、14、23日の足して「5」になる日がやや注意(地震に限らず予想される日付や地域で事件事故自然災害などに注意です)

続きを読む

1月26日 岩手と熊本で地震

平成31年 1月26日14時19分 気象庁発表 きょう26日14時16分ころ、地震がありました。 震源地は、熊本県熊本地方(北緯33.0度、東経130.6度)で、震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は4.4と推定されます。 この地震による津波の心配はありません。(気象庁より) 平成31年 1月26日17時25分 気象庁発表きょう26日17時23分ころ、地震がありました。震源地は、岩手県沖(北緯40.3度、東経142.4度)で、震源の深さは約30km、地震の規模(マグニチュード)は5.7と推定されます。この地震による津波の心配はありません。(気象庁より) 本日1月26日に大きな地震がありました。 1月の地震予想では千葉から九州に横断する中央構造線上にある地域が揺れやすいと書いたのですが、丁度熊本にもその断層が通っているので今月の3日にも揺れたこともあって、1月はもう少しで終わりますが気をつけて行きたいところです。 それと岩手は今月の揺れやすいと地震予想で示していたので、何もなければいいかと思いますがたて続けに日本の離れた場所で同じ日に地震が発生すると何か気になるものです。 それと今週は天気のほうでも強い寒気が空を覆って来ているので大雪などの災害にはご注意ください。

続きを読む

阪神淡路大震災から24年

1995年1月17日の阪神淡路大震災の発生から24年になりました。追悼行事が行われている神戸市中央区の東遊園地では「阪神淡路大震災1・17のつどい」が開かれて、公募で決まった竹灯籠には「1995 つなぐ 1・17」の字をかたどった竹灯籠に火がともされました。伊丹市の昆陽池公園では犠牲者数と同じ6434本のろうそくをともす「追悼のつどい」が開催されました。そして午前5時46分に黙とうし、犠牲者6434人への追悼の祈りがささげられました。 【関連記事】発生から24年の朝、命を守る誓い新たに 阪神大震災鎮魂願い教訓次世代へ=各地で追悼、防災訓練―阪神大震災24年【阪神大震災24年】記憶つなぐ思い新たに 追悼のつどいに平日最多の5500人 平成最後の追悼式典にもなります。平成7年から阪神淡路大震災以降大きな地震が日本で起こりました。平成23年に宮城、平成28年に熊本、平成30年に北海道など日本に住んでいて地震に遭わない土地はないと言っていいほどです。今年の竹灯籠には「つなぐ」の文字が灯されました。災害を経験した被災者が次の世代につなげていく事で、この毎年行われる追悼式を通して日ごろの防災を高めていかなければならないと思いました。

続きを読む

 

最近の記事