宮城県沖で30年以内の地震確率は「90%」

政府の地震調査委員会によると日本海溝で今後30年以内に将来起こる地震の発生確率が発表されました。

日本海溝沿いでは、海のプレートに押されて陸のプレートが縮む動きと、陸のプレートが逆の方向へ戻ろうとする動きが混在していることが新たにわかったようです。
また東日本大震災とは別の仕組みで「ひずみ」がたまることで巨大地震が起きる可能性も考えられることから発生の確率を引き上げたと説明されました。 

調査委は
「大震災の影響は現在も非常に大きく、M7~8級の地震が非常に高い確率で起きる。」
「再び強い揺れや高い津波が来ると考え、十分注意してほしい」
「東北地方の太平洋側の皆さんは決して『もうしばらく地震がない』と思わないで、
大きな被害が出ないように準備をしていただきたい」と話されました。

1550905256949.png

東日本大震災後に陸のプレートが東に移動したため巨大地震の発生確率がさらに高くなりました。
「M7.9」程度の巨大地震では
宮城県沖は「ほぼ0%」から「20%」に上昇。
青森県東方沖及び岩手県沖北部は「5~30%」

「M7.0~7.5」程度の地震では
宮城県沖は「90%」
岩手県沖南部は「30%」
福島県沖は「50%」
青森県東方沖及び岩手県沖北部は「90%」
茨城県沖は「80%」

「M8.6~9.0」の巨大地震では
沖にある日本海溝を全体的に見ると「30%」

過去の巨大地震で津波による堆積物の調査などから平均発生間隔は550~600年なので30年以内の発生確率はほぼないということなので、
東日本大震災と同様のM9級の「東北地方太平洋沖型」超巨大地震は「ほぼ0%」みたいです。

今後30年以内に発生する海溝型の地震の確率がランク分けされました。
「26%以上」を「3」
「3~26%未満」を「2」
「3%未満」を「1」
「不明」は「X」に分類。

「3」は主に太平洋側の地域とその沖です。
北海道の東沖にある千島海溝から日本海溝~相模トラフ~南海トラフが「3」にランク分けされています。
東北の西側にある沖で「2」「1」がランク分けされています。
沖縄の東沖では「X」とされています。

この話は海溝だけの地震の確率なので、内陸のことは語られていません。
熊本や去年の北海道や大阪などの陸で起こる地震もあるので、それを合わせると日本で起こる確率はさらに上がるかと思います。
このパーセンテージは30年後の将来ではなく今日起こるかもしれないという確率なので、防災や避難する準備を心がけたいです。




この記事へのコメント

 

最近の記事