阪神淡路大震災から24年

1995年1月17日の阪神淡路大震災の発生から24年になりました。
追悼行事が行われている神戸市中央区の東遊園地では「阪神淡路大震災1・17のつどい」が開かれて、公募で決まった竹灯籠には「1995 つなぐ 1・17」の字をかたどった竹灯籠に火がともされました。
伊丹市の昆陽池公園では犠牲者数と同じ6434本のろうそくをともす「追悼のつどい」が開催されました。
そして午前5時46分に黙とうし、犠牲者6434人への追悼の祈りがささげられました。

【関連記事】

平成最後の追悼式典にもなります。平成7年から阪神淡路大震災以降大きな地震が日本で起こりました。平成23年に宮城、平成28年に熊本、平成30年に北海道など日本に住んでいて地震に遭わない土地はないと言っていいほどです。
今年の竹灯籠には「つなぐ」の文字が灯されました。災害を経験した被災者が次の世代につなげていく事で、この毎年行われる追悼式を通して日ごろの防災を高めていかなければならないと思いました。




この記事へのコメント

 

最近の記事