台風21号 2018年9月4日

4日の正午くらいから徳島県に台風21号が上陸しました。
私の住んでいることろは関西なのでその台風の影響をもろに受けてしまいました。私の住む地域は過去の地震の被害はあったものの台風などの被害はあまりでない地域でした。しかし4日に上陸した台風は今までに経験したことのない影響を受けました。

ここから私がこの台風21号で経験した状況を書いていきたいと思います。
自宅にいたのですが台風が近づくにつれて激しい暴風の音が家の外から徐々に聞こえてきました。雨も激しくなり強風で家が地震のように揺れだしたり、このあたりから恐怖を感じました。そのときパソコンを開いていたのですが一瞬停電があってパソコンはそのままシャットダウンをして落ちてしまいました。

しばらくして電気がついたのですがまた停電が数回起こってしまったので精密な家電製品はコンセント抜きましたが、それから電気まったくつかない状況に至りました。
外はまだ暴風なのですが、突然大きな音がして外の様子を見るとガラスが道に散乱していました。どうやら近隣の家の窓が割れてしまったみたいでした。

停電しているのでだんだん日が暮れるにつれて辺りが暗くなってきました。このときスマホの充電が20%くらいになっていました。充電器も空で電池で充電しても間に合わず、家にいてもしょうがないと思ってコンビニに電池か何か充電に変わるものを探しに行きました。

夜なのにどこの家の明かりも点いておらず真っ暗で、ご近所の方は外に出ていて皆不安な状況でした。すると道路の信号のランプがついていませんでした。大きな道路では業者の方が車を誘導していたり、またトラックが強風の影響なのか横転して道路が封鎖されていました。

IMG_20180904_190650.jpg
横転したトラック

コンビニはいつもの雰囲気とは違って人が食事など電池などを求めて普段にない列ができていまいした。店も台風上陸前から閉めていることもあって暗かったのですが明かりがついている飲食店は行列ができていました。私は停電しているコンビニでスマホのリチウム充電器を購入しました。

家の中では懐中電灯で明かりをつけたりトイレやお風呂はその明かりを頼って済ませました。電気がつかないのでお湯が出なくて水で体を洗いましたが、夜がこんなに暗くて家の中が真っ暗なことが不便だということを痛感しました。
それから早めに寝ようとしたときにテレビが突然つきました。停電が復旧するまで10時間程度でしたが電気が通った生活ができることに喜びを感じました。

翌日は外は普段の道とは違っていました。強風で壊れた看板や折れた木の枝やゴミが散乱していました。水道業者のトラックもよく見かけたり、まだ信号に電気が通っていなくて車同士と歩行者が譲りあいながら行き来していました。

報道では関西国際空港の滑走路が冠水したり、大阪湾に停泊していたタンカーが関空と陸地を結ぶ橋を破損したり、それにより利用者が閉じ込められました。また車が飛ばされたり見たことも聞いた事もないような被害が各所で起こりました。

今もまだ他の地域では停電が続いてたり水の出ない地域もあって本当に大変だと思います。死亡者や負傷なども徐々に情報が出てきたり、この台風が大変なものだとうことでした。普段から気をつけているつもりですが自分がまさかこんな状況なってしまうこととはというのがまさにその状況でした。すごい反省すると共に防災や電気や水が生活に重要ことだということを知りました。この経験がこれからの防災に活かして行きたいと思いました。

【停電・防災対策】LEDランタン 手回しソーラー充電式 [PR]



この記事へのコメント

 

最近の記事