2018年11月の地震予想

2018年11月の日本での地震予想は、今年揺れやすい地域は北海道、秋田、群馬、山梨、福井、静岡、兵庫、大阪、香川、福岡、沖縄です。 今月は東北地方と駿河湾付近の地域と千葉から九州に横断する中央構造線上にある地域が揺れやすいです。 また地域は岩手、千葉、東京、神奈川、愛知、三重、京都、香川、福岡、宮崎です。 2018年11月02日 16時54分頃に和歌山県で緊急地震速報が流れました。 震源地は紀伊水道で、震源の深さは約50km、地震の規模はM5.4と推定されます。 ちょうどそこは中央構造線上にある場所でした。今月はその中央構造線上にある地域が要注意だと思います。 11月の地震予想 3、12、21、30日の足して「3」になる日が要注意 5、14、23日の足して「5」になる日が要注意 2、11、20、29日の足して「2」になる日がやや注意 (地震に限らず予想される日付や地域で事件事故自然災害などに注意です)

続きを読む

ゾロ目のシンクロニシティの意味【超ムーの世界R】

「超ムーの世界R」というテレビ番組がありまして、BSの222chのBS12トゥエルビの中で放送されている番組です。 雑誌でおなじみのムーの編集長が出ている番組でよく見ているのですが内容は超常現象、都市伝説、秘密結社、陰謀説などオカルト満載の内容です。 今日の28日に放送があって、気になった内容だったので自分用にも書いてみました。 数字のゾロ目に関して意味が隠されている内容でした。 たとえばたまたま見た時計の文字が2時22分だったりすることで 自分の状態とゾロ目の数字の意味がシンクロするということでした。 1のゾロ目・・・初心に戻る、虚無 2のゾロ目・・・出会い、離別 3のゾロ目・・・愛情面での焦り 4のゾロ目・・・幸せ 5のゾロ目・・・これから何かに向かう時向かわざるを得ない 6のゾロ目・・・愛情に満たされている 7のゾロ目・・・上司に怒られるか下から突き上げを食らう 8のゾロ目・・・末広がりか八方ふさがり 9のゾロ目・・・まとまり、終わり、締めくくり 意味を覚えることで少し先の出来事を予想することが出来るんじゃないかということでした。 車のナンバーが44-44の数字は事故を起こした車はないということらしく縁起の悪い4ですが「幸せ」の意味が作用してるんじゃないかということでした。 番組曰く、所謂ヘブライ語の数秘術カバラのゲマトリアなど三桁のゾロ目の数字にはすべて意味があるらしく、666は悪魔の数字、777は十字架の数字、888はキリストの数字、99…

続きを読む

2018年10月の地震予想

9月は大変な災害が日本で起こりました。北海道では地震と西日本の大阪では台風による被害がありました。9月がこういった集中的に災害が起こるのは稀なことでしたが自分が被害を受けて体験したことを教訓として肝に銘じていかなければとつくづく思いました。 先週末にかけて台風24号が日本に上陸しました。21号のこともあって防災に備えた状況もありましたが、近畿の南部や関東で停電や電車の線路上に木が倒れるなどで運転見合わせがあり大勢の通勤者に影響がありました。また次の台風25号が発生し始めているので今後も気をつけていこうと思います。 2018年10月の日本での地震予想は、今年揺れやすい地域は北海道、秋田、群馬、山梨、福井、静岡、兵庫、大阪、香川、福岡、沖縄です。 今月は東北の沖辺りにある日本海溝が揺れやすいです。地域は青森、茨城、山梨、栃木、長野、岐阜、滋賀、大分です。北海道南部の周辺や首都圏の周辺に偏りがあるので注意です。 10月の地震予想 6、15、24日の足して「6」になる日が要注意 4、13、22日の足して「4」になる日がやや注意 3、12、21日の足して「3」になる日がやや注意 (地震に限らず予想される日付や地域で事件事故自然災害などに注意です)

続きを読む

白い龍の夢

今日見た夢。窓を開けるとちょっとしたベランダがあって、下には池か湖が流れていました。 全体的に周りが白っぽい靄の張った状態で、その池も白くて何気なく見ていたら、ゆらゆらと白くて大きなものがゆったりと泳いでいました。 よく見てたら龍の顔がぼわっと現れてその池を悠々とゆっくり回りながら泳いでいました。 絵巻物から出てきたような龍で、その龍が池を2往復くらい回っていて、それを綺麗だなあとずっと見ていました。 夢診断で検索してみたら龍は吉夢みたいで色にも意味があるようで、白い龍は金運・幸運・財運・子宝とありったけの運がやってくるみたいです。 自分が見た夢でこんな綺麗な夢は見たこともなかったので、本当にいいことがあればお知らせ出来ればいいのですが、最近指にトゲが刺さって沈んでいたので、でも自分に良いことがやってくるというのなら何かワクワクしてきました!

続きを読む

北海道胆振東部地震 2018年9月6日

9月6日3時7分頃に北海道胆振地方で「北海道胆振東部地震」の震度7の大きな地震が発生しました。気象庁より震源地は胆振地方中東部(北緯42.7度、東経142.0度)で、震源の深さは約40km、地震の規模(マグニチュード)は6.7と推定されます。 震度7の地震は10年以内に東日本大震災と熊本地震につづき北海道で起きたこの地震でした。 北海道の地震は台風21号の影響から翌日のこの地震だったので驚きました。こんなに災害が続くことが起こるなんてという感じです。関西でも台風による空港の影響や住宅などは停電によるライフラインもまだ通常には戻っていない地域もあってのことでした。 北海道の震源地近くの地域では道路が崩壊したり液状化現象が起こるなど、繁華街でぎわうすすきのでは停電により辺りが真っ暗な状況に至ってしまいました。道内の半分を担う火力発電が停止したことによりブラックアウトという北海道全域で停電が起こったようで、他の火力発電所から再稼動することで電力をまかなうとされています。 北海道の電力泊原発は稼動していませんが、核燃料の冷却が地震により停止したため非常用ディーゼル発電機で冷却を維持したみたいです。後にすべての電源が復旧され安全は保たれたようです。 ウェザーニュースでは北海道の石狩辺りに活断層があるのですがそれとは違う深い断層で起きたみたいで、政府の地震調査であは1000~2000年に1回地震を起こしていた可能性があるということでした。日本列島には2000の活断層があるようでいつどこで…

続きを読む

 

最近の記事